賭博罪はネットカジノで適応されるのか?

ネットカジノは合法?

ネットカジノを今から始めようと思ってる方で心配なことが
合法なのか違法なのか?違法か合法かをパチンコと比較して説明します。

ライブカジノ スロット カジノゲーム スポーツ メニュー

ネットカジノ登録 > ネットカジノは合法?

ネットカジノって合法?

ネットカジノで初心者の方の多くが疑問に思ってることは、ネットカジノは合法?って疑問だと思います。

結論から言えば、日本でネットカジノは違法行為です。

違法か合法かを聞かれるとネットカジノは完全に違法です。

ちなみにパチンコも違法です。

ネットカジノも公営ギャンブルにはならないので違法な賭博行為になります。

しかし、パチンコ屋さん同様にネットカジノでギャンブルに興じても捕まることは、ほぼないでしょう。

しかし、完全に捕まらないかと言えば捕まることもあるので注意が必要になります。

捕まるケースは日本国内で運営しているネットカジノでプレーした場合やネットカジノで他人からお金を集めて代わりに賭けた場合など特殊な方法でプレーすると捕まる可能性が出てきます。

ネットカジノ開設ドットコムで紹介しているネットカジノは全て海外で運営され、それぞれの各国政府公認のライセンスを持った合法的に運営されているネットカジノなのでネットカジノ開設ドットコムで紹介しているネットカジノで普通にプレーした場合捕まることはないので安心して下さい。

刑法185条・賭博罪

上でネットカジノは違法だと説明しましたが、違法なネットカジノでプレーしても何故捕まらないのかを説明すると

パチンコは違法なのですが、何十年も違法なまま運営され、賭博罪として捕まったことが殆どないのは、三店方式と言う換金方法により法の抜け道を使い運営されているからです。

ネットカジノの場合は賭博罪の盲点を突いた運営方法により、法の抜け道を使い運営されているのです。

賭博罪と言う法律は、賭ける人と受ける人の2者を揃えて捕まえないと成立しない罪です。

1人では賭けは出来ないので2人以上の賭ける側と受ける側を揃えないと成立しません。

ネットカジノの場合は賭ける側が日本に居て日本で賭けても、受ける側が海外で海外の法律で合法的に運営されている相手の場合は受ける側を捕まえることが出来ません。

2者を揃えて捕まえることが出来ない以上は賭博罪を成立させることが出来ません。

日本の法律で違法であっても、国際法により合法的に運営されているネットカジノを取り締まることが出来ないので、日本でネットカジノでプレーしても捕まることがないのです。

但し、ネットカジノの受ける側が日本で運営されている場合は2者を揃えることが出来るので捕まえることが出来るので日本で運営されてるネットカジノは危険なのです。

他にも、ネットカジノを使い、日本国内でネットカジノカフェなど賭博場を作って、そのお店で客とお金を集めた場合などはアウトです。

もっと身近なことで、ネットカジノを使い凱旋門賞やワールドカップなどを賭けていて、友達が俺の分も買ってって1万円渡して代わりに買ってあげた場合もアウトです。

他人の賭けるのを代わりに買った場合は友達が賭ける側、あなたが受ける側となり2者が揃うので賭博罪が成立します。

競馬で言うところのノミ屋となるので、このような特殊な使い方をしない限りは、ネットカジノで捕まることはないので、普通にプレーしていれば安全です。

友達が賭けたい場合などは当サイトを紹介してあげて代わりに買ってあげるなど特殊な使い方はしないように注意して下さい。
刑法第2条・刑法第3条
海外で運営されているネットカジノがより安全で捕まることがない理由が賭博罪とば別にもうひとつあります。

海外旅行に行った際に、現地のカジノでギャンブルをしても捕まらないのはご存知の方も多いでしょうし、そんなことを意識したこともないぐらい当然のことです。

テレビで芸能人がラスベガスで賭けてるところを放送されていても、その芸能人が日本で違法な賭博をしていたので逮捕されたってことにはなりません

と言うのも、海外旅行に行った際は、日本人は日本の法律を守るのではなく、その国の法律を守るだけで良いという法律があるからです。

例えば、日本では20歳から飲酒出来ますが、18歳から飲酒がOKの国に行ったら、日本人でもその国では18歳以上なら飲酒してもOKになります。

21歳から飲酒OKの国では、20歳の日本人もその国では飲酒できません。

この様に海外旅行に行ったら、現地の法律が優先されるので日本人でも現地にいる限り日本の法律を守る必要がなくなります。

但し、日本人が日本人として海外に行こうが何処に行こうが守らなければならない法律が別にあります。

それが刑法第2条・刑法第3条です。この法律は殺人とか日本紙幣のコピーとか比較的重犯罪は日本人として守るように義務付けられていますが、そこには賭博に関しての記述がないので、賭博は日本人が海外に行っても現地の法律だけを守ればOKと言うことなので、海外旅行で賭博をしても罪にならないのです。

ネットカジノが海外で運営され海外にサーバーがある場合は、日本に居ながらでも海外のサーバーを使ってる場合は、そのサーバーのある国の法律を守るだけでOKな、海外旅行に行ってると同じ状態なので刑法第2条・刑法第3条的に見ても海外で運営されているネットカジノは安全なのです。
次のページへ・・・ネットカジノってイカサマ?
ライブカジノ スロット カジノゲーム スポーツ メニュー
Copyright (C) 2015〜 ネットカジノ登録ドットコム All Rights Reserved.